誕生日

また誕生日が巡ってきました。

もういらないと言いたいけどそうは問屋がおろさないですねぇ。

とうとう80歳も半ばにさしかかろうとしています。

いつまで生きるのでしょう?長生きしすぎの気がしないでもないけど。

最近は人生100年などと言いますがそれはちょっと言いすぎですよ。

無駄飯やわ。だんだん子供が少なくなって老人ばかり増えている気がします。

街を歩いていても杖を突いて歩く人が多いように思います。

でもねぇ勝手には死ねないのですよだから生きている限り自分の事は自分でしないと。

なるべく他人様のお世話にならないようにしたいのですが

思うようにいかないのが人生というものかな。

できる限り頑張りたいと思った誕生日でした。
# by tanihiro4h | 2019-03-18 23:38 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月11日あの日から8年経ちましたが。

朝からテレビは震災のお話をいろいろやっていました。

聞くともなしにきいている私ですがもしもあのような震災が

私の周りで起こったら~~と考える一日になりました。

滋賀はいいところです。40年以上住んで居りますがいままで

大きな災害はありませんでした。神戸の震災の時でさえ

知らずに寝ていたくらいですから。

最近は大雨が降ったり地崩れがあったりしますが滋賀では

めったにそんな話も聞きません。信楽の方で地盤がゆるいところがあるらしいのですが。

でも寺田寅彦が言いましたね  災害は忘れたころのやってくると。

言いえて妙です。本当にいつ何が起こるかわからないのが人間

どんなことが起こっても普通の暮らしが続けられるように普段から

用意しておきましょう。今更ですがお水と食料は確保しておかないと~~

と食いしん坊の私は食べることを一番に考えております。

懐中電灯 軍手 厚手の靴下などなどいつもの袋の内容をもう一度

見直しておきますか。

何かが起きた時どうするかを主人と相談しましたら

わしはもうどうでもいい逃げないと言われてしまいましたけど

もし何かあったら一番先に逃げるのは主人だと思う私です。
# by tanihiro4h | 2019-03-11 23:42 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月8日

3がつになってあっという間に一週間経ちました。

歳をとると月日の経つのが早くなると言われていますが

まさにその通りです。

春は名のみでまだまだ厚い上着を脱ぐことができませんが

それでも幾分暖かくなりお布団のなかで汗ばんだりしています。

なんだか春ってワクワクしますね。年寄りでも何かいいことがあるような

気がしますわ。今日はダンスの日で一汗流して楽しい時を過ごしました。

先生が亡くなって一年経ちますが先生のFDにかける情熱はちゃんと

受け継がれておりますよ。先生の事一日たりとも忘れたことはありません。

一生懸命ダンスに打ち込んでFDの普及に力を入れておられたことは

今も後輩にしっかり受け継がれておりますよ。

皆先生を思いながら先生ならどうしたでしょうか??と考えながら

勉強しています。先生のまいた種は大きく育っています。

天国で安心してくださいませね。

でもやっぱり時々せんせいのあのはじけるような笑い声が耳について

ああもういちどききたいな~~と思います。

天国で楽しくダンスしてるかしら。
# by tanihiro4h | 2019-03-09 00:01 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月になりました。

b0336384_055214.jpg
3月になり日に日に暖かくなり過ごしやすくなってきました。

春がまじかにきています。琵琶湖の色が変わってきました。

春ってなんだかワクワクします。

私が単細胞だからでしょうけど。

植木鉢の花が咲きはじめ朝起きるのが楽しみです。

ひな祭りがすんで  ちらし寿司を食べて 厚いオーバーも

脱ぎ捨てて軽い上着にしたらまだ寒かった。

木蓮のつぼみが膨らんでいましたよ。

年寄りでも春はうれしいものです。

ただ困るのはもうすぐ誕生日 これだけは逃れようがないけれど

できれば来てほしくない日です。だってそのたびに大きくなって

歳とるんだよ。もういらないわ。
# by tanihiro4h | 2019-03-06 00:50 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

2月20日は父の誕生日。

父が亡くなってからもう22年経ちました。父はあまり好きな存在でなかったけれど

父なりに子供たちを可愛がってくれた人でしたわ。多少自分勝手でしたけど。

よく大きくなったらお父さんを助けてほしいと言っておりました。

それは金銭的に援助してほしいということだったと知っていましたので

私は逃げてしまいました。今思うとそんなことしないで近くで働いて助けてあげたらよかった

と思いますけど自由が欲しかった私は父の目の届かないとろに就職して好き勝手していました。

今頃反省しても追いつかないけれど今はそんな自分が情けないと思う。

お父さん今は天国で楽にしてるかしら。生きている時は苦労が多かった人でした。

でもやっぱり生きていればこそで亡くなった今はただただ冥福を祈るだけです。

親不孝なわたしです。
# by tanihiro4h | 2019-02-21 00:50 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

シニアライフ 日記


by tanihiro4h
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る