5月14日

昨日のお話で悪いのですが朝ゴミを捨てに出たら

マンションの入り口に救急車が入ってくるところでびっくりしました。

私の住んでいるマンションも高齢化してきて最近はちょくちょく救急車が

きます。朝はデイサービスに行く人のお迎えの車がたくさん来ますし。

歳を取るのは当たり前で仕方のないことだけど救急車のお世話にはなりたくないな~

と考えている私です。

今夜は今夜で友人からの電話 仲良しの友人が亡くなったとお知らせでした。

その友人は私より3つほど歳上でしたから83歳です。ちょっと早いようにも思いますが

長いこと血液の病気で免疫低下するような病気を患っていましたので苦しみから

解放されてよかったのかも?と思うことにしました。

友人と電話で一人づつ少なくなっていくねぇと嘆いていますが当たり前の事

だんだん寂しくなっていきます。

あとに残るのが幸せか先に行くのが幸せかわからないです。

残された者には胸の奥に冷たい塊のような悲しみがいつまでものこります。

友人の冥福を祈りながら今夜は思い出の写真を眺めます。

若かった頃のやんちゃ仲間が一人づつ欠けていくさみしさはあまり経験したくありません。

by tanihiro4h | 2015-05-15 00:41 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

シニアライフ 日記


by tanihiro4h