<   2016年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

3月31日

ぽかぽかと暖かい日なのですが家の中にいるとひんやりして

なんだか寒い日でした。

大津は桜が咲き始め街中がピンクになっております。

ベランダから街を見ると小学校の桜毎日牛乳の工場の桜山際では

ぽつんぽつんとあちらこちらの桜が咲きはじめピンクになっています。

b0336384_22423431.jpg
去年失敗したラナンキュラスですが今年は咲くでしょうか。

大切ににしたつもりですけど。




b0336384_00320430.jpg












植木鉢のスノードロップが咲きだしてそのかわいらしさに

感激ほほずりしかねない気持ちになります。


去年よりたくさん咲きました。





b0336384_22420216.jpg

b0336384_00303940.jpg
b0336384_00303871.jpg
b0336384_00301603.jpg
b0336384_00350032.jpg
ベランダから見える近所の桜小さく見えるけど立派な樹です。





























b0336384_22421673.jpgb0336384_22414494.jpg

















ラナンキュラスの蕾も膨らんできました。去年は失敗したので

今年は大切にしているのですが花は咲くでしょうか?

春はうれしいことばかり~~



b0336384_22422455.jpg

















湖も穏やかでもやがかかって春仕様です。





by tanihiro4h | 2016-03-31 22:53 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月30日  早いです。

時の経つのが早すぎて着いていけない気分です。

今日ちょっと見たらフキノトウが薹が経ってしまっていました。

こんなにせいが高くなりました。もう食べられませんね。

b0336384_23573026.jpg
b0336384_23571836.jpg
近所の門に植えてある樹の幹が直径4センチほどの小さなしたれさくら

もう満開近くなっていました。桜って癒されます。

b0336384_00015139.jpg

b0336384_00012677.jpg
もう少しするともっと華やかになります。

今年も桜を追ってあちらこちらウロウロしたい気分ですが体力がもちますかしら。

by tanihiro4h | 2016-03-31 00:04 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月28日

今日 皇子山で桜が咲きだしていました。

皇子山の桜はしだれが多いのでこれからが楽しみです。

今日はマーガレットFDの総会でした。

新しい役員さんがきまりました。今年の役員さんご苦労様でした。

役員さんはやっぱり大変です。総会の準備するだけでも見ていても

大変。誰も文句言う人もおりませんけどだからと言って手抜きはできないですし。

毎月の月謝を集めて暑い日には冷房を頼んだり寒い日には暖房を頼んだり~~と

やっぱりダンスがよほど好きでないと務まりませんね。

私もまた2回目の役員が回ってくるかもしれないな~~とぼっと考えていました。



b0336384_00220354.jpg

b0336384_00180016.jpg

b0336384_00173889.jpg


b0336384_00172599.jpg

どこから見てもやっぱり桜はさくら。美しい。



by tanihiro4h | 2016-03-29 00:02 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月25日  金曜日

今日は私たちのFDの 赤ずきんちゃん の総会がありました。

午前中集まって会の運営についていろいろな意見を出したり

こうしたい~~という要望をだしたり 毎年のことですが役員さん

一年間ご苦労様でした。みんなで順番にやりますがもう少ししたら

また2回目の役がまわってくるかもしれません。

会場を確保したり連絡したり勉強会やら講習会やらの行事が無事に済むように

配慮したりいろいろ忙しいです。まあ皆楽しみでやっていますので

できるのですが。朝10時から出かけていっぱいしゃべっていっぱい踊って

帰りました。今日一日あっという間に終わってしまいましたけど

寒い一日でした。

by tanihiro4h | 2016-03-26 00:04 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月23日

またテロですって。ベルギーはきれいな国という印象ですし

この間NHKのBSテレビで関口知宏がヨウロッパ鉄道の旅で2週間かけて

回るのを見たばかりなので心が騒ぎます。

どうしても自爆テロをしなければ駄目なのでしょうかね。

宗教が違うというだけでこれだけ憎しみが強いとは私には考えられないですが。

人それぞれだからして何も言えないけど

殺し合いはしないほうがいいと思うのですが。

イスラム国って怖い国です。

人間一度死んだら二度とは生きてこられないと思うのですがイスラム国では

再生があると信じているのでしょうか。

よくわからないです。若い人が自爆しているけど

大人に利用されているのではないかしら?と思ってしまいます。

死なないほうがいいよ生きていれば生きてさえいればきっといいことが

ありますよと言ってあげたいです。

生きていてもいいことがないと思うから死ねるのかもしれないけど。

人間だれでも一度ぐらい生きていてもいいことなんかちっともないと

絶望する時があるんですよ。でもきっと生きていたらいいことがあります。

命を粗末にしないことです。自爆だけだなく若い人の自殺も同じだと

思っています。

by tanihiro4h | 2016-03-23 23:56 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月22日

もう3月の中旬だというのに寒い日が続いています。

今日はストーブを炊きました。まだまだ春は遠いですね。

さくら便りもちらほら聞こえるのですが大津の桜のつぼみはまだ固いです。

そろそろ早咲きの桜が咲いているかもしれませんがこの頃お出かけしないので

見かけるところまで行かないと見えませんものね。

さてこの間の鹿児島の帰りのお話を少ししたいと思います。

鹿児島からの帰り空港に7時過ぎに着いたのですが鹿児島発のANAもJALももうなかった。

最終が7時40分らしかったのですが間に合わず仕方なく関空行きのピーチに乗りました。

ピーチとは名前をよく聞くし格安航空ときいておりましたが運賃はANAのほうが安かった。

でもまあ関空に着けば何とか帰れると思っていましたが延着 延着で結局8時20分発が9時になってしまいました。

でもなんとか関空に着きました。その時点で10時20分 でもピーチの乗り場は関空の端っこです。

そこからバスで20分ほど第一ターミナルまでかかりました。大慌てではるかの乗り場へ急ぎました。

もうリムジンバスは最終がでたあとでしたので電車に乗ったのですが車掌がこれに乗って

天王寺で乗り換えです。と言ってそれ以上の説明がないのです。仕方なくとにかく電車に

乗りましたけどさあ天王寺からどうしたらいいのかわからなくて電車の中の車掌を捕まえたいけど

何処にもいないし困りました。若い娘さんが二人ずれでいましたのでじっと黙って二人とも

スマホをいじっていますのでおそるおそるおばあさんは京都に行きたいのですがどうしたらいいか

教えてほしいのですが~~と頼んでみました。親切に自分たちは明石に帰るので同じ

プラットホームですよと調べてくれました。そして私たちは7番ホームですがおばあさんは

3番ホームですそこに最終の京都行の特急が来ますと教えてくれました。

やれやれありがたや~~大きな荷物をがらがらひいてエレベーターもエスカレーターもないので

階段を上がったり下りたりやっと京都駅に着いたら0時55分でした。

まあ夫が車で迎えに来てくれていましたので夜中家にたどり着きましたがもしかしたら

どこかで夜明かしをしなければならないような一幕でした。

旅に危険はつきものですがよく調べて行動しないとこんなことになるという経験でした。





by tanihiro4h | 2016-03-23 00:24 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月21日

三連休の最後の日ですので道路が混んでいました。

我が家はどこにも行かないで家に引きこもり中でした。

今になって重たい荷物を持ってウロウロしたことが応えてきています。

いやですねぇ~~歳とるとこういうことです。

母の初七日も済んだようです。私は初七日まで鹿児島にいようと思って

行きましたけど弟夫婦は入院中だし孫たちは子供たちが学校だからと

帰ってしまうし他の弟たちも帰るというので早々にひきあげてきてしまいました。

ちょっと今は後悔していますけど。

もう兄弟が全員集まることはないのですから兄弟そろったところで御食事会でも

などと思っていましたがやっぱり兄弟は他人の始まりだと強く感じて帰ってきました。

父が亡くなった時は母が一人で可哀想だと思い初七日までいたのでした。

あんたが帰ったら寂しいからお坊さんがお経を詠んでる間に帰っていいよ~~

なんて母が言いましたっけ。そんなこと思い出しています。

父が亡くなった時母は70歳でしたから33年も一人で生きたのですね~~

強い人と思います。私は父にも母にもかわいがってもらったという記憶がないのですが

他の兄弟も末の弟以外は同じようなものだったのでしょうね。

すぐ下の弟もその下の弟もすごく母には冷淡だと感じて帰りました。

歳とるとそんなものでしょうかね。自分の家族やお嫁さんが一番になるのでしょうね。

またそうならなくてはいけないのでしょう。

あまりにも長生きしすぎた母が哀れというか可哀想というか複雑な気分です。

今日ベランダの植木鉢のヒヤシンスが咲きだしていい匂いがしています。

b0336384_23384798.jpg


b0336384_23383102.jpg

b0336384_23390472.jpg

今日の琵琶湖 湖の色が濃くなっていいお天気ですが寒い日だとわかります。

これから日吉さんのお祭りが済んで比良八荒が済まないと琵琶湖の春は来ません。

いいお天気でしたけど寒い一日でした。



by tanihiro4h | 2016-03-21 23:42 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

3月20日

もう12時を過ぎておりますから21日ですがダウントンアビーを見ていて

遅くなりましたけど今日の一日を振り返ります。

今日はお彼岸の中日でしたのでお経を読んでもらいました。

お墓へ行っていつものように広場に集まって和尚さんのお経を聞くのですが

寒くて寒くてもう風邪をひきそうだったので途中で脱落して車の中で待って

いました。長いながいお経でした。


b0336384_00211203.jpg

車が混んで大変でしたが帰りはまあまあ走れました。

買物帰りに木蓮がきれいでした。

b0336384_00225546.jpg


b0336384_00223866.jpg

今年は誕生日どころではなかったのですが友人が誕生祝にきれいな蘭を送ってくださいました。

感謝です。


b0336384_00255386.jpg


b0336384_00251602.jpg

もう今更誕生日でもないと思うのですが祝ってくださる人がいるということが

うれしい誤算です。この蘭を見ていると母のことも悲しいとか怒りとかが溶けていくようです。

母のことを考えるとやっぱり哀れというか悲しくなる自分がいます。

長生きをしてもお葬式に実の子供より孫にかかるというのがなんとも悲しいことでした。

子供のことをあまり可愛がったりしないは母でしたけどやっぱり母ですからもう少し

心を込めたお葬式にしたかった私です。外に出た私には何を言う資格もないのですけど。




by tanihiro4h | 2016-03-21 00:34 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

母が亡くなり鹿児島に帰っておりました。

帰るという言葉が適当かどうか疑問でありますが~~

母が住んでいたので故郷という感じでおりましたがもういないので

故郷ではありませんね。弟が住んでいるところというのが正しいです。

母は103歳で大往生でした。1月から危篤と言われながら3月までもったのですから

もう死なないのかも?などと思いましたけど死なない人間はいませんでしたわ。

思えば母にはいろいろな思い出があります。父が亡くなってから34年も長生きしました。

父の分も生きたのです。大正に生まれ昭和平成と100年以上生きたのですから

苦労も多かったかもしれませんが生まれつきのお嬢様でしたから他人のことには

無関心でしたし自分本位に気ままに生きてきた人でした。

父が生きている頃は父に大変可愛がられ亡くなってからは自分の一番好きな子供の

処で暮らしました。80歳過ぎるまで母親がいるということは幸福なことかもしれませんが

私は母が亡くなってなんだか肩の荷がおちたようにも感じています。

今までずっと母がいるからとどこかで気になっていました。

まして弟が難病に罹ったと聞いた時にはできるなら母を引き取りたいと思いましたが

そんなことを夫が許すはずもなくとうとう亡くなってしまいましたが。

幼いころからずっと母に気に入ってもらいたくて生きてきたようにも思ったりします。

みんな誰でも親があり親のDNAを受け継いでいます。私も母に似ているのだと思うと

100歳過ぎまで生きているのはしんどいなあと思ってしまいます。

よぼよぼで生きるのは辛いですね。

b0336384_01254993.jpg


b0336384_01253954.jpg
白い沈丁花は清楚で好きな花です。

by tanihiro4h | 2016-03-19 22:43 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

さっき連絡があり母がとうとう亡くなったとか。

眠るように大往生だったようです。冷たいようですが家を永らく

開けておくわけにはいかないので私は亡くなってから行くわなんて

言っておりましたけどやっぱり最後きちんと見送ってあげたかったです。

あまりにも遠く離れているので仕方がないと言えばそうですがでも唯一の母ですし。

父が亡くなった時は悲しくて涙も出ましたが今は涙も出ません。

1月から危ないと言われていながらよく持ったもんだと感心してしまいます。やっぱり

女は業が深いと言いますがそのようです。

明日からしばらくブログはお休みします。

明日さっそく鹿児島へ行ってきます。

by tanihiro4h | 2016-03-13 00:11 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)


シニアライフ 日記