先日京大の山中ドクターがALSの特効藥ができたと報告されました。

なんでも白血病の薬にALSに効果のある成分があるらしい。

でもね。私の弟はもう亡くなりました。せめてあと一年早く見つけてくれていたら

と悔しくてなりません。弟は本当に苦しんで苦しんで亡くなりました。

ALSってまるで悪魔のような病気です。

自分の意識はあるのに手も足も動かせない呼吸もできないんですよ。

意識があるだけにやりたいことがいっぱいあっただろうにと思うとやるせない思いです。

喉の筋力が衰えて食べ物を嚥下することができないので食べることもできなかった。

あれもこれも食べさせたいと思うだけで食べさせることができなかった。

後悔することばかりです。

毎日弟の事を考えない日がありませんがこれだけ医療が進んでいても

直せない病気がまだまだあるんですね。

認知症もそうですがパーキンソン病もそうですね。

ザコバさんが脳梗塞で倒れたとニュウスで言っていましたが脳梗塞はまだ打つ手がありそうです。

血栓を溶かす薬もあるし手術もできます。手や足に後遺症が残ってもリハビリでなんとか

なるでしょうし。運命かもしれないけどこんな風に治る見込みがある病気に

罹る人治らない病気にかかる人どうしてわかれるのでしょうかしら??

100歳まで生きる人60歳で亡くなる人その差はどこからくるの?

まだまだ分からないこと知らないことがいっぱいあります。

by tanihiro4h | 2017-05-31 23:52 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

5月29日  災難続き。

この間腎臓結石なんて自分ではなんとも珍しい病気になってびっくりしたのですが

その石が出たらしく楽になったとたんに今度は大やけどをしてしまいました。

誰を責めることもできない自分の

責任ですがこうしてなんだかいろいろことが起こると

厄年ではないかとかお祓いでもした方がいいのではないかとか考えてしまいます。

あたり年でまた車が当たったら嫌だななどいらぬ心配もしています。

もう10日も前の事ですが朝食の味噌汁を片手ナベに作っていたのですがいつもはそんなことしないのに

その日に限ってお玉を鍋に入れてありました。そのお玉の持ちてを袖に引っ掛けてしまいました。

ひょうしにアツアツの味噌汁が左腕と背中にかかりましてアツイアツイと大騒ぎで服を脱いだのです。

すぐに水道水をかけましたが七分袖だったので袖の部分がひどいやけどとなりました。

さいわい近所に皮膚科のお医者さんがありますのですぐに駆け込みましたら

手当はしてくださいましたがまあ安静にしていてくださいとか言われ

安静にと言われても主婦の事食事の支度掃除洗濯は欠かせません。

これでも結構左手というのも使うものなんですね。ここにきて先生に左手を使わないように

厳しく言われてしまいました。というのももう結構な時間がたっているのに

一向に良くならずかえって傷が深くなってきているので動かすから傷が擦れて

いつまでも治らないと叱られる始末です。

考えながら家事をしておりますが以外に左手って使いますね。気が付かないでいましたが

掃除をするにも食事の支度するにも何気に左手って使っています。

これだなって思いますけど今更主婦が左手を使えないからとご飯外食したり

掃除ほったらかしにしたりできないものですしねぇ。

困っていますけどじゃあ誰に文句言えますか。自分が悪いのですもの。

今年は私のあたり年というか厄年です。

by tanihiro4h | 2017-05-29 23:55 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

5月29日

土曜日には朝5時からメロンの予約券を配ると言うことでしたので

前日つまり金曜日の夜から守山に行って徹夜をしました。

本を2冊持っていきましたが読んでしまいました。

金曜日夕食を食べてあとかたつけをして翌朝の準備などをしてから8時頃から

行きましたがもうすでに100人の方が座っていました。

私は100番目切りのいい順番でしたが朝まで長い時間でした。

5月とはいえ夜は結構冷えて寒かったし以前より環境が良くなったと

ダウンジャケットなどもっていかなかったのは失敗でした。


b0336384_00594965.jpg

こんな風に朝まで座って待ちます。日本人は真面目で従順だなと思う瞬間ですね。

朝5時になって予約券をもらい一度家に帰り翌日また出向きます。

守山のメロンははずれなしの美味しさで全国に知られたメロンなのですごい評判なのですよ。

久しぶりに徹夜をしていささか草臥れた私ですが今日はもうすっかり疲れも取れて

お墓参りに行きましたがお墓参りも一週間遅れただけでこんなに草が生えるとは~~

草ぼうぼうで草引きに大汗をかきました。

今日はあまり暑くなく5月らしい一日でしたので気持ちよく過ごしました。


そうそう書くのを忘れていますが私たちはこうして室内で座って待ちましたが

少し遅れて行った方は外で待っているのですよ。以前私も外で待ったことがありましたが

外には椅子もないし座ることもできません。自分で椅子までもっていかなければなりません。

だって朝まで徹夜ですもの。このお部屋の外には500人以上の人が並んでおりました。

by tanihiro4h | 2017-05-29 00:57 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

5月22日

昨日大阪に行きました。一年ぶりの大阪で高校時代の同窓会に出席するためです。

毎年もうやめようかと思うのですがちょうど宝くじの売り出し中だったりするので

また友達が一年に一回ぐらい会いたいわなどというものですからついつい出かけます。

しかし行くたびに大阪駅は変わっていきますね。

グランフロントなどという広大な空間ができそこには若い人が好みそうなお店がいっぱい。

でも老人の私はなんだか蹴っ飛ばされそうでよう歩きませんです。

皆速足で闊歩していますのでうっかりしているとぶつかりそうです。

エスカレーターがどこまでも続いていていったいどれほどの高さかしら?と怖いような気持ち。

テレビで見ているとなんだかそこに田んぼがあったりするそうですが想像もつきませんし

何処まで行ったらそんなところがあるのか探検する気にもなれないし~~。


b0336384_00170452.jpg
それでも宝くじを買って地下鉄に乗って難波まで行きましたがなんだか人に疲れました。

7億円当たったらこんなにたくさんの札束になりますって。すごいな。



by tanihiro4h | 2017-05-22 23:50 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

白浜ぶらり

昨日またまた日帰りバス旅行に行きました。

b0336384_21582111.jpg
バス旅行は一日バスの中座ってるだけですから少しぐらい体調不良でもなんとかなるさ~~

なんてお気楽に構えて行きましたがお天気にも恵まれて絶好調でした。

白浜は何回も行っていますがまだまだ知らないところが満載です。

闘鶏神社なんて初めてききました。

b0336384_22014598.jpg

樹齢1200年の楠の樹がありました。1200年ですって。

いったい何を見てきたのでしょうねぇ1200年って気が遠くなります。

b0336384_22034743.jpg

白浜ですから海の近くとれとれ市場でお食事をして以前行ったことのある

とれとれ市場とは違う市場でした。

b0336384_22072635.jpg

同じに見えるでしょうけど違うんですよ。意外にこじんまりしていて

新鮮なお魚がいっぱいありました。買わないけど。

その後三段壁なるところへご案内。

b0336384_22094656.jpg

b0336384_22100823.jpg

自然の造形の深さに感動しソフトクリーム舐めながら眺望を満喫。

穏やかな海。

b0336384_22122056.jpg

和歌山ですから梅味のソフトクリームは美味でした。

そのあと川久という超高級ホテルで日帰り湯につかり疲れをいやし

一泊4万円以上もするホテルですって私には手が出ないよ。

b0336384_22135914.jpg

お風呂上りにジュウス飲んだらいっぱい千円ですってゲッびっくりしながら

小さいコップのジュウスをちびちび飲みました。

b0336384_22180999.jpg

大理石のすごい柱があって床もエレベーターもピカピカわれわれ庶民には縁のない

ホテルでした。


b0336384_22202252.jpg

b0336384_22210837.jpg

窓からの眺めこれと同じ眺めがお風呂場からも見えます。


b0336384_22222469.jpg

玄関わきの庭。

なんだかすべてが高級すぎて居心地が悪い。貧乏人はやっぱり庶民的なところでいいかな。





by tanihiro4h | 2017-05-18 22:04 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

5月15日

月曜日なので久しぶりにダンスに行きましたよ。

本当に久しぶりですっかり忘れてしまいました。それに私が欠席してる間に

新しい曲を踊ったりしていますのでちょっと足が戸惑いました。

でも踊ってるうちにそんなことすっかり忘れて楽しんできましたわ。

ご無沙汰している間に公園のつつじはすっかり咲き終えてしまい枯れてしまって見苦しい姿になって

いますし木々の緑が一層深くなり桜並木の葉も濃い色になって緑陰という感じになっていました。

もう暑いです。夏が一足早くやってきたような一日でした。また暑い暑いと言う日々が

来るのかと思うとぞっとしますけど仕方ないですねぇ。

此の頃は春も秋も短くなったと思いませんか?私だけがそう感じているのでしょうか。

なんだか春を楽しむ間もないままに過ぎていくようで惜しくてしかたありませぬ。

老婆の感傷でしょうか。アジサイが青々としているのさえ早すぎる気がいたしますが。

今はバラが最盛期ですね。どこのおうちでもバラを植えている家ではいい匂いがしています。

モッコウバラはこんもりと垣根を作ってるし。

いい季節で家にいるのがもったいないです。

また薔薇園へバラでも見に行きましょうか。

by tanihiro4h | 2017-05-15 23:32 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

5月15日

5月も中旬一年の半分もまじかです。

本当に月日の経つのは早いですねぇ。うかうかしていたら

すぐ今年も終わるなんてことになりますね。

なんだか毎日を無為の裡に過ごしているようで心が痛みます。

どうしたら有意義な毎日が送れるのか少し考えないと大変なことになると

自分が心配になってきてる私ですがさあどうすればいいか見当もつきませんが。

毎日が通り過ぎるのをただ待っているって安易すぎますよね。

考えてみますけどいい知恵浮かぶかしら。

なんだかこころもとないです。


b0336384_01085197.jpg


b0336384_01083948.jpg


母の日だからと息子が持ってきたお花ですよ。

ついでに誕生日の分も持ってきたよって一度に二つはいらないけど気持ちがうれしいわ。



by tanihiro4h | 2017-05-15 11:48 | Comments(0)

5月 13日  

b0336384_22172525.jpg

先日から更新できていませんで失礼していましたがやっとどうやら平常に戻ったように感じますので今日からまた再開です。

弟のお葬式というのは本当に疲れました。まだまだ若い弟が死ぬなんて考えてもいなかったので本当に堪えました。

身体も心も悲鳴を上げてしまったようで世の中飛び石連休でみんなが遊んでいる時に

私のからだの中でも飛び石が発生し痛くて痛くて寝ていられない状態になりました。

寝入りばなでしたので本来ならぐっすり入眠しているところですのに目が覚めたということはかなりの痛さであって

と思われますがまず私はこれが例の心臓麻痺かな?と思ったのでした。

もしそうならもう少し我慢したら理想の死に方ができるんだと思い少し喜んだのですが

何が何がそれから痛みはどんどう強くなり限局してきましてだんだん右の背中に痛みが移動していきました。

自分でもこれは腎臓だなとわかりましたので夫を起こし救急車を呼んでもらおうと思いましたが

夫が僕が連れて行くよと言いました日赤の救急へ行きましたところ案の定腎臓結石と診断され

痛み止めをもらって帰りました。

それは5日の早朝のことでしたので連休中で次の月曜日まで長かったのですが月曜日泌尿器科に罹りましたけど

5時間待たされ挙句何の処置もなし痛み止めをもらっただけまあ飲み薬として利尿剤をだしてくれましたが

5ミリ大ぐらいの石たいしたことではないということでしょうか。

本人は痛くて七転八倒したところで冷静に考えれば腎臓結石で5ミリ大ってホント大したことではないですよね。

自然に流れ出るということでしょうね。しかし当の本人はほんと痛くて痛くて大変でしたよ。

近所のお医者さんに頼んで点滴を毎日していただきました。

そんなこともあってか13日の今日は痛みも無くなりケロッとしています。

いつの間にか石は出て行ったようです。まだはっきりわからないけど痛みからは解放されましたから。

そんなことで80歳を越えるといろいろなことが起きますねぇ。

自分は結石などならないと変な自信あったのですがやっぱり80年のカルシュウムの蓄積は恐ろしいものです。

健康に過大な自信を持つと言うのは危険ですね。しみじみそう思ったこの一週間でした。

by tanihiro4h | 2017-05-13 23:17 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)

ゴールデンウイーク真っ最中です。

一年中お休みの私にはゴールデンウイークなんて縁のないものになってしまいました。

あちらこちらに出かけて道路は混みこみですし新幹線はどれもぎゅうずめですね。

私たちも若いころは夫の実家へ普段4時間で行けるのに8時間もかけて帰ったり

していました。車の中でずっとじっとしているので子供たちがぐずって大変でした。

そんなことも今は楽しい思い出です。

さて私はこの間鹿児島へ帰っていました。帰ってと言うのが正しいかどうかわかりませんが

もう母もいなくなりましたので実家と言うのとはちょっと違うと思うけど

弟の家に母が30年以上お世話になっていましたので実家同様におもっていたのですが

その弟がとうとう亡くなってしまいました。

考えれば可哀想な弟でした。これから楽しい思いをするべき定年後ずっと母の介護に

追われまた奥さんもパーキンソン病で介護していましたが体調が悪くなり

病院へかかった時にはもう手がつけられないような病気でした。

ALSと診断されてたったの2年でした。去年の9月に人工呼吸器をつけてしまい

ああもうおしまいだと思ったのですが苦しんで苦しんで亡くなりました。

この世にこんなにひどい病気があるということに怒りさえ覚えますが

これも宿命というか運命というか遺伝と言われれば応えることばもありませんが。

弟は末っ子でいつも私がおんぶしていました。

私より9歳も若いのにと思うとこうしていても涙が出てきます。

命ながらえば恥多しという言葉がありますが恥というより悲しいことが多すぎます。

姉より先に弟が行くなんて幼いころは想像もしていなかった。

しかし考えてみたら主人の兄弟も弟が先に逝きましたし歳の順というわけには

行かないのが人生かもしれないと思うのです。

でもやっぱり弟には先に逝かないでほしいものです。

歳をとってからの悲しみは耐え難いものがありますしね。

じっとしていても自然に泣いている自分がいます。情けないぐらいかなしいものですわ。

自分がこんなに情けない人とも知らなかったです。

by tanihiro4h | 2017-05-04 00:01 | 日記 つぶやき 日にちの記録覚書。 | Comments(0)


シニアライフ 日記